HORIBAの卓上型 pH・水質分析計 F-70/DS-70 シリーズLAQUA(ラクア)新登場

パフォーマンス

  • パフォーマンス TOP
  • スマートナビゲーション
  • 新・pH電極

SELECT GUIDE セレクトガイド

新・pH電極

※映像の電極デザインは従来品です。現在のものとは異なります。

ELECTRODE HORIBA電極技術の粋を結集。2つの技術革新で高精度と使いやすさを融合しました。

すばやく安定、ドリフトも解消。

HORIBAは2つの新技術で、測定時のだらだら応答を解決。
もう読みとりタイミングに悩むことはありません。

01新技術

pH 高速応答ガラス膜(特許出願済)

pH応答性ガラス膜にHORIBA独自配合のレアアースを添加。水和層の厚さを従来の1/2にすることで応答性を高め、同時に化学的耐久性を向上させました。(スタンダードToupH電極)
02新技術

安定性を増した比較電極(特許出願済)

内極をカチオン伝導性中空糸膜で覆い、液絡部を詰まらせる要因の銀イオンおよび銀錯イオン流出を1/1000に抑制、さらに中空糸膜内の内部液濃度に変化がないので、安定した基準電位を保ち続けます。

ToupH 電極はJIS規格より10倍の強度。(特許第3321572号)

HORIBA 独自のガラス厚膜形成技術で、JIS 規格(強度試験)10倍以上の強度を実現。スタンダードToupH 電極はドーム型を採用し、あらゆる角度の強度が向上。

※ JIS Z 8805 pH 測定用ガラス電極6.2.9 衝撃強度試験

ドーム型新構造で全方向強度アップ!

好評のToupH電極がよりタフに、より高速応答に。ToupH タフ 防水

"割れない"だけじゃない。ISFETにもさらなるイノベーション。微量液滴から固体表面の測定まで、pH測定のバリエーションが広がります。

ISFET(半導体センサ)とは

ISFET とは、Ion Sensitive Field Effect Transistor(イオン応答電界効果トランジスタ)の略です。半導体技術を応用した応答部を搭載しています。

ISFETの特長
  • 測定時に割れる心配がありません。
  • 測定部を平面かつ微小領域に配置。
    微量のサンプルでも測定可能。
  • 歯ブラシで簡単に洗浄ができ、取扱いが容易。
  • 乾燥保存が可能。

フラット電極は応答部の段差100µm 以下を実現。

最先端の半導体パッケージ技術で測定面をフラット化。 ビーカ測定時でも気泡がつかない構造を採用、固体表面もわずかな水分があればふらつきのない安定な測定を実現しています。

静電気影響を低減。

HORIBA 独自の半導体デバイス構造と静電気保護回路を改良し、半導体センサの弱点であった静電気影響を低減。ガラス電極同様に快適・安心な測定をお約束します。

ISFET


ソリューション 目的に応じて電極を選びたい


スマートナビゲーション